- Advertisement -
ホーム商品サービスアニメ系NFT専門のマーケットプレイス「ANIFTY」が二次流通とIPFS対応へ

アニメ系NFT専門のマーケットプレイス「ANIFTY」が二次流通とIPFS対応へ

- Advertisement -
絵師とファンのためのNFTプラットフォーム「ANIFTY(アニフティ)」を運営する株式会社ANIFTY(本社:東京都港区、代表取締役:栗山純一郎、仲思成)は、2021年12月に予約投稿機能をリリースし、2022年1月より二次流通や作品データのIPFS対応など複数の機能を公開予定であることをお知らせします。

絵師とファンのためのNFTプラットフォーム「ANIFTY(アニフティ)」を運営する株式会社ANIFTY(本社:東京都港区、代表取締役:栗山純一郎、仲思成)は、2021年12月に予約投稿機能をリリースし、2022年1月より二次流通や作品データのIPFS対応など複数の機能を公開予定であることをお知らせします。

アニメ系NFT専門のマーケットプレイス「ANIFTY」が二次流通とIPFS対応へのサブ画像1

■予約投稿機能を実装
ANIFTYでは公認絵師が一堂に会して作品を出品する「ミント祭り」を12月に行いました。本イベントが好評であったことを受け、同月、出品者が日時を指定して出品できる予約投稿機能を実装しました。
これからも日曜日夜9時ごろに「ミント祭り」を定期的に行って参ります。

 

■新規リリース予定の機能
1. ANIFTY内での二次流通の実装
ANIFTYマーケットプレイスでは2022年1月を目処に二次流通に対応することが決定しました。現在OpenSeaで行うことができる二次流通に加え、ANIFTYマーケットプレイス内でも二次流通が可能になります。
ANIFTY内で二次流通が行われた際、作品のクリエイターに対して売り上げの10%がロイヤリティーとして還元されます。

2. 新規・既存作品のIPFS対応
また、ユーザーの要望に応え、2022年2月を目処に今後出品される新規作品および既存の作品を段階的にIPFS対応していく予定です。
勿論、二次流通がされた作品に対してもIPFS対応の予定です。

3. フォロー・フォロワー機能
さらに、絵師とファンが繋がれるフォロー機能 / フォロワー機能を2022年1月~2月ごろに実装予定です。

■オークション機能の公開を延期
11月プレスリリースにおいて2022年1月に公開予定と発表したオークション機能については、上記機能の公開後にリリースすることとなりました。

■株式会社への組織変更に伴い取締役を選任
ANIFTY合同会社は、2021年11月より株式会社ANIFTY(英名:ANIFTY Inc.)への組織変更を行いました。「日本のポップカルチャーをブロックチェーンの力で世界へ」の実現及びANIFTYのさらなる発展に向けて、以下の3名が取締役に就任し経営体制の一層の強化、充実を図ります。

代表取締役:栗山純一郎
代表取締役:仲思成
取締役:David Liu

■「ANIFTY」について
株式会社ANIFTYは、第5回・第6回CO.NECT東京大学ブロックチェーン起業家支援プログラムに採択され、東京大学ブロックチェーンイノベーション寄付講座の支援のもと設立されたスタートアップ企業です。
公式サイト:https://anifty.jp/
 

- Advertisement -
- Advertisement -
SNSもチェック!
34フォロワーフォロー
必見!
- Advertisement -
関連ニュース
- Advertisement -

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here