- Advertisement -
ホームイベント明日から始まる2022年を彩る新たなアキバエンターテインメント。世界最大のポップカルチャーイベント『アキバヤバイ』。そして『バーチャル秋葉原』が発表!

明日から始まる2022年を彩る新たなアキバエンターテインメント。世界最大のポップカルチャーイベント『アキバヤバイ』。そして『バーチャル秋葉原』が発表!

- Advertisement -
ISARIBI株式会社が参画する2つのプロジェクトが発表された。秋葉原から世界へ更なるニューカルチャー発信する都市型イベント『アキバヤバイ』。そのキックオフイベント「アキバヤバイ カウントダウンパーティ」が神田明神ホールにて開催され、世界最大のポップカルチャーイベント『アキバヤバイ2022』、そして『バーチャル秋葉原』の概要が発表された。

明日から始まる2022年を彩る新たなアキバエンターテインメント。世界最大のポップカルチャーイベント『アキバヤバイ』。そして『バーチャル秋葉原』が発表!のサブ画像1

『アキバヤバイ2022』では秋葉原エリア全体を、アニメエリア│ゲームエリア│アイドルエリア│WEBマンガエリア│Vtuberエリア│の5つのエリアに分け、秋葉原内の各施設との連携展開を予定していることが発表、同時に約500店舗の飲食店・小売店がキャンペーンに参加する秋葉原最大規模のイベントの企画が公示、そしてパフォーマンスで盛り上げたのは、米倉千尋、RAB(リアルアキバボーイズ)、GinyuforcE(OP ACT)ら。「米倉千尋」は『機動戦士ガンダム第08MS小隊』オープニング主題歌”嵐の中で輝いて”などを表情豊かに歌い、レペゼン秋葉原のヲタクダンサーチーム「RAB(リアルアキバボーイズ)」が出演し会場を盛り上げた。
 

明日から始まる2022年を彩る新たなアキバエンターテインメント。世界最大のポップカルチャーイベント『アキバヤバイ』。そして『バーチャル秋葉原』が発表!のサブ画像2

RAB(リアルアキバボーイズ)

 

明日から始まる2022年を彩る新たなアキバエンターテインメント。世界最大のポップカルチャーイベント『アキバヤバイ』。そして『バーチャル秋葉原』が発表!のサブ画像3

米倉千尋
 

明日から始まる2022年を彩る新たなアキバエンターテインメント。世界最大のポップカルチャーイベント『アキバヤバイ』。そして『バーチャル秋葉原』が発表!のサブ画像4

OP ACT GinyuForce

ゲスト登壇者には「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「化物語」「魔法少女まどか☆マドカ」などの企画などで、数々のヒットアニメを生み出した「夏目公一朗」、そしてエンタメ社会学者「中山淳雄」が登壇し「秋葉原」や「コンテンツ制作」などについてのトークが展開された。

明日から始まる2022年を彩る新たなアキバエンターテインメント。世界最大のポップカルチャーイベント『アキバヤバイ』。そして『バーチャル秋葉原』が発表!のサブ画像5

明日から始まる2022年を彩る新たなアキバエンターテインメント。世界最大のポップカルチャーイベント『アキバヤバイ』。そして『バーチャル秋葉原』が発表!のサブ画像6

明日から始まる2022年を彩る新たなアキバエンターテインメント。世界最大のポップカルチャーイベント『アキバヤバイ』。そして『バーチャル秋葉原』が発表!のサブ画像7_2024年「アキバヤバイ」開催イメージ2024年「アキバヤバイ」開催イメージ

明日から始まる2022年を彩る新たなアキバエンターテインメント。世界最大のポップカルチャーイベント『アキバヤバイ』。そして『バーチャル秋葉原』が発表!のサブ画像8_(気鋭のアーティスト、ケイゴイノウエ(METEORA st.)、ゆうたONE(各々METEORA st.)らによる制作「アキバヤバイ」コンセプトアート)(気鋭のアーティスト、ケイゴイノウエ(METEORA st.)、ゆうたONE(各々METEORA st.)らによる制作「アキバヤバイ」コンセプトアート)

 そして更に、イベントの終盤にて配信外にて発表された秋葉原の新たなエンターテインメント事業連携構想の一つである「バーチャル秋葉原」そして「神田明神社殿 高精細CG」が、イベント後の12月23日にリリースされた。

 合同会社AKIBA観光協議会と大日本印刷共同プロジェクトとして、リアルの秋葉原の街と連動したバーチャル空間を通じて国内外に各種サービスを提供。

日本の伝統文化に加え、アニメ・コミック・ゲームといったコンテンツなど、ジャパンカルチャーの発信を行い、秋葉原地域の活性化を図っていきます。また、この活動を推進する組織として「バーチャル秋葉原」委員会を設立し、広く団体・企業の参加を募っていく。

 ティザー映像には、若干23歳の気鋭サウンドプロデューサー「RK(METEORA st.)」のサウンドに乗せて、未来の秋葉原を感じさせるバーチャル世界の秋葉原

VIRTUAL AKIHABARA Teaser – YouTube

 

明日から始まる2022年を彩る新たなアキバエンターテインメント。世界最大のポップカルチャーイベント『アキバヤバイ』。そして『バーチャル秋葉原』が発表!のサブ画像9

明日から始まる2022年を彩る新たなアキバエンターテインメント。世界最大のポップカルチャーイベント『アキバヤバイ』。そして『バーチャル秋葉原』が発表!のサブ画像10

 

​『アキバヤバイ2022』、そして『バーチャル秋葉原』とビッグプロジェクトを中心に、2022年新たな「街」の価値を創造するための挑戦をしていきます。

ISARIBI株式会社 について
 

明日から始まる2022年を彩る新たなアキバエンターテインメント。世界最大のポップカルチャーイベント『アキバヤバイ』。そして『バーチャル秋葉原』が発表!のサブ画像11

 
ISARIBI株式会社は、代表取締役の榊原敬太を中心として、株式会社ホリプロインターナショナル、株式会社アノマリー、株式会社グローバルビジネスラボより資本出資を受け、資本連結している気鋭のクリエイティブ会社全10社(株式会社アブストリームクリエイション、アズビット株式会社、株式会社アニエラ、株式会社ARTiMADE、渋都市株式会社、株式会社Rebrast、Speeedy株式会社、株式会社addgroove、株式会社FNMD、株式会社霙柑)との機能協業体制を構築し、13個の「才能」と「技術」によって、新しい次代のエンターテインメントを創造し、革新的な事業を展開することをミッションとしています。

企画制作機能、営業・広告代理機能を中心として、エンターテインメント事業に付随する「企画・演出事業」「ライブ制作事業」「フェス事業」「マネジメント事業」「IP創作事業」「映像制作事業」「ダンス事業」「インフルエンサー事業」「YouTubeを始めとするインターネット関連事業」「地方及び地域創生事業」等々、全てをワンストップで発信、受注できる体制を構築、及び同技術のBtoB事業を展開しています。

https://www.isaribi.net/

 

会社名 ISARIBI株式会社
設立:2020年4月
所在地:〒101-0021 東京都千代田区外神田3-13-2 LIFORK AKIHABARAⅡ R5C

事業内容:エンターテインメントプロデュース / プロモーションおよびプランニング / エンターテインメントコンテンツ / イベント制作 / アーティスト・クリエイターマネージメント

 

- Advertisement -
- Advertisement -
SNSもチェック!
34フォロワーフォロー
必見!
- Advertisement -
関連ニュース
- Advertisement -

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here