- Advertisement -
ホームイベント東にある夢を追う 「悟空杯」中日韓青少年漫画コンテスト2020授賞式が北京で開催

東にある夢を追う 「悟空杯」中日韓青少年漫画コンテスト2020授賞式が北京で開催

- Advertisement -
12月27日、東にある夢を追うー「悟空杯」中日韓青少年漫画コンテスト2020授賞式が、オンラインとオフラインを組み合わせて開催された。中国外文局局長の杜占元氏、外交部の王福康大使氏、日本駐中国公使の貴島善子氏、韓国駐中国公使の金辰坤氏、中日韓協力秘書処秘書長の欧渤芊氏をはじめとするゲストがオフラインとオンラインで参加し、中日韓3カ国の受賞者、専門家審査員、大学から約150人がビデオ接続で参加した。 

 「悟空杯」中日韓青少年漫画コンテストは、2019年12月に開催された第8回中日韓三国指導者会議で、李克強首相が初めて提案かつ始めたもので、3カ国の芸術交流を促進し、青少年間の友情を増進し、3カ国の青少年が才能を発揮する舞台、世代友好の架け橋を築くことを目的としている。
 コンテストには3,600点以上の作品の応募があり、最終的に3カ国の専門家審査委員の審査を経て、中国の作品「枕中記」、日本の作品「てるこさん」、韓国の作品「ゲームプレイヤー」が最優秀賞「悟空賞」を受賞し、3カ国で青少年の漫画の創作交流の新しいブームを巻き起こし、コロナ流行下での3カ国の文化交流のハイライトとなった。

東にある夢を追う 「悟空杯」中日韓青少年漫画コンテスト2020授賞式が北京で開催のサブ画像1

 中国外文局の杜占元局長は挨拶の中で次のように述べた。「文明が融合し、人民が仲良くするには、若者が新しく力強い役割を果たすべきだ。コンテストの各参加者は、3カ国の文明と友情を伝える青春の力だ。それぞれのエントリー作品は、3カ国の文明と友情を融合させた素晴らしい証拠品だ。3カ国の青少年が、悟空杯中日韓青年漫画コンテストをプラットフォームとし、漫画をキャリアとして、お互いの文明と国情を深く理解し、相互理解を深め、中日韓3カ国の友好の青写真を描くことに期待する。」
 また、外交部の呉江浩次官補は祝辞の中で、次のように述べた。「中日韓の3カ国は代々隣に住んでいて、人的交流の長い歴史を持ち、西遊記の物語はかなり昔から日本列島に伝わっており、孫悟空が妖魔を斬って悪魔を破る伝説は朝鮮半島にも口伝えに伝わっている。今では困難を恐れず勇気ある孫悟空が、3カ国の代々の民衆の共通の文化的記憶となっており、3カ国の民心の疎通を促進する重要な文化的絆となっている。このコンテストが、3カ国の協力に青春のエネルギーを与え、若い漫画家に夢の翼を与えることを願っている。」

東にある夢を追う 「悟空杯」中日韓青少年漫画コンテスト2020授賞式が北京で開催のサブ画像2

 そして、外交部の王福康大使は、「今回のコンテストにおいて、3カ国の組織団体の共同の努力と青少年たちの積極的な参加に感謝の意を表し、参加者たちが受賞するかどうかにかかわらず、今後もコンテストに参加し、コロナ流行が沈静化したら、3カ国の青少年がオフラインで集まり、技術を切磋琢磨し、友情を語り合うことを期待している。」と述べ、

東にある夢を追う 「悟空杯」中日韓青少年漫画コンテスト2020授賞式が北京で開催のサブ画像3

駐中国日本大使館の貴島善子公使は挨拶の中で、「中日韓3カ国の文化交流には長い歴史がある。悟空杯は漫画の人材育成と交流のためのプラットフォームを提供し、中日韓3カ国の若者は、悟空杯を通じて互いに学び合い、技術を切磋琢磨することができ、自分の才能をよりよく向上させることができる。」と述べた。
 

東にある夢を追う 「悟空杯」中日韓青少年漫画コンテスト2020授賞式が北京で開催のサブ画像4

 更に、駐中国韓国大使館公使の金辰坤氏は挨拶の中で、次のように述べた。「孫悟空は3カ国の青少年によく知られている人物で、孫悟空がもたらした挑戦、信念、勇気、責任と団結の精神は、悟空杯が募集した漫画作品にも溶け込んでいる。漫画という媒体を通じて、中日韓3カ国の青少年の共通の夢をより良い未来にしたい。」
 

東にある夢を追う 「悟空杯」中日韓青少年漫画コンテスト2020授賞式が北京で開催のサブ画像5

 授賞式では、各国のゲストと参加者が、心を交わす芸術の仲間として、悟空杯をプラットフォームとし、漫画をキャリアとすることで、お互いの文明と国情を深く理解し、相互に理解し、共に高め合うことができることへの期待を表明した。新型コロナを題材にした優秀作品『土鍋ご飯』の漫画原作ドラマが会場で放映された時には、オンライン・オフラインのゲストと参加者に強い共感が生まれた。また、コンテストの優秀作品のバーチャルオンライン展示室や「悟空杯–これは私が描くことができる」H 5インタラクティブゲームも会場のゲストの注目を浴び、情熱的な創作が行われた。

H5インタラクティブゲーム日本語版
(スマートフォンでご覧ください)
https://www.wukongcomic.com/h5/jp/index.html

VR展覧:
https://plan.bodoai.com/wukong

 風は東から始まり、夢を追うのはまさに今だ。授賞式の後、ゲストは、「中日韓青少年漫画人材育成計画(夢を追う計画)」を共同でスタートさせた。これは、3カ国の青少年に交流のプラットフォームを提供し、芸術の夢を実現することを支援するもので、3カ国の文化創造産業の協力のための新たな重要な機会を提供するものである。

 このコンテストのエントリー作品の題材は多彩で、優秀な伝統文化を継承して中日韓の文化交流の融合を推進するものだけでなく、3カ国の物語を語り、現代の若者の姿を描写するものなど、様々なテーマがあり、満足のいく成果を挙げた。特に優秀な作品のいくつかは、中日韓の3カ国の人々のコロナ流行との戦いに焦点を当て、心を一つにして手を携え、見守り、助け合う大きな愛の章を描き、3カ国の青少年が友情を深め、交流を拡大したいという共通の願いを世界に示した。
 今回、このコンテストで最優秀賞「悟空賞」を受賞した3作品は、それぞれの国の青少年漫画のトップレベルを表しており、それぞれに特色がある。中国の「悟空賞」の作品『枕中記』は、唐代の同名小説「黄粱一夢」の物語を精巧な淡い色彩の中国式の画風で表現した。日本の「悟空賞」の作品『てるこさん』は、古典的な日本の白黒線の絵画法を巧みに用いて、高校のキャンパスで起こる青春コメディーに読者を引き込んだ。韓国の「悟空賞」の作品『ゲームプレイヤー』は、韓国で最も流行している「縦スクロール」スタイルを採用し、ビデオゲームに夢中になっている若者がゲームの世界に入り込んで冒険して生き残る伝説をフィクション化した。
 色については、白黒線で描かれた『てるこさん』には、日本の伝統的な出版業界の痕跡がある。フルカラーで制作された『枕中記』と『ゲームプレイヤー』は、中韓のインターネット世代の読者の画面色に対するニーズを反映している。

 レイアウトについては、「縦スクロール」スタイルの「ゲームプレイヤー」がスマホの読書に焦点を当てている。『枕中記』と『てるこさん』は、ページスタイルで、紙の本の読者を重視している。

 脚本では、『てるこさん』と『ゲームプレイヤー』はオリジナルストーリーであり、読書中のその後のエピソードの展開には迫力がある。そして、『枕中記』は、基本的に古典文学を復元し、創始性と独創性にはやや不足している。

 今回のコンテストで選ばれた中日韓3カ国の「悟空賞」の作品には、似ている部分もあれば、異なる部分もあり、同じ中にも違いがあり、異なる中にも同じ部分がある。この中には、3カ国の青少年漫画愛好家たちが交流して検討する価値のある空間がたくさんある。

 中国の受賞作品『枕中記』の作者は次のように述べた。「悟空杯は中日韓3カ国の芸術交流を促進する活動であり、中日韓の作者のために開かれたプラットフォームを構築し、みんなの目を一つの場所に集中させ、お互いに学び合う機会を与えてくれた。私は悟空杯というプラットフォームを通じて作品を皆さんに見せ、大唐の「生き返り」に戻り、中国の伝統文化の魅力を一緒に感じてもらいたい。また、他の国の参加者の作品から、彼らの文化、生活、精神的な世界についても学びたい。」
 このコンテストは、中国外文局が主催し、中国外文局アジア太平洋コミュニケーションセンター(人民中国雑誌社、中国報道雑誌社)、ビリビリ、角川株式会社、星際互娯などの3カ国の団体が共催。毎年開催されている。

- Advertisement -
- Advertisement -
SNSもチェック!
33フォロワーフォロー
必見!
- Advertisement -
関連ニュース
- Advertisement -

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here